日本一の鮎を育む豊かな森と清流の里 日本で最も美しい村 下呂市 馬瀬

美しい村

日本で最も美しい村

下呂市馬瀬地域は日本のほぼ中央、南飛騨の山間、南北28km(七里)に10の集落がつらなり、馬瀬川が貫いて流れる森と清流の里。全国の釣りファンが憧れる馬瀬川と、緑あふれる水源の山々は自然環境、歴史文化が優れた地域として、「日本で最も美しい村」連合に加盟しています。「全国水の里百選」「水源の森百選」「平成の名水百選」にも選ばれています。

人々の暮らしが作る馬瀬地方自然公園

馬瀬の人々の暮らし全体を「馬瀬地方自然公園」と呼んでいます。フランスの地方自然公園制度の精神を取り入れ、自然と共生しながら、農村の持続可能な発展をめざす、住民と行政が協働した新しい自治の取り組みです。外の価値観で測るのではない「幸せのモノサシ」がここにはあります。

馬瀬里山ミュージアム

馬瀬でも棚田の景観がよく残る美輝の里(西村集落)を「馬瀬里山ミュージアム」と名付け、農村景観や日常の暮らしの文化をまるごと野外博物館に見立てて、ウォーキングツアー、農業体験、山里体験など、グリーン・ツーリズムの舞台になっています。

1.西村ほたるたんぼ  2.ススキの原  3.アクティビティの拠点「水辺の館」  4.彦ちゃんハウス花餅づくり

おいしい村

日本一おいしい鮎は、日本で最も美しい村生まれ

馬瀬川の鮎は、味・香り・形がよいことで有名です。平成19年に「全国利き鮎会inTOKYO」で見事グランドチャンピオンに輝きました。馬瀬川の上質なこけをたっぷり食べて育った鮎は、清流の宝石「香魚」とも称され、スイカにも似た甘い香りを放ちます。そのハラワタは微かな苦みを伴った甘さです。

棚田で丹精込めて作られたお米「まぜひかり」

鮎の良さは水の良さ。美しい水を守るために、水源の森から湧き出す山水をきれいなまま馬瀬川に流すため、低農薬で丹精込めた棚田づくりが行われています。気温差の大きな山間地で、美しい水を利用して栽培されるコシヒカリは、「まぜひかり」と名付けられ、光沢、粘り、甘みすべてに優れた美味しさと評判です。

まだまだあります!馬瀬ブランド

■あまご

馬瀬川の清らかな水で育てられる山里の味。鱒の仲間で身は香ばしく骨も柔らかいので高齢者から子供までおいしく食べられます。
  • ■けいちゃん

    独自の味付けをした鶏肉を野菜と一緒に炒めたり、煮て食べる下呂の郷土料理の王様。
  • ■ねずし

    米・塩マス・麹・大根・人参などを発酵させて作る飛騨の正月にかかせない郷土料理。
  • ■朴葉すし

    大きなほう葉に酢飯とマスや山菜などを包み込んだ初夏の馬瀬の味覚。
  • ■夏秋トマト

    朝と夜の温度差が大きい馬瀬で栽培される夏秋トマトは、まるでフルーツのような甘み。
  • ■ブルーベリー

    7月~8月、農園で摘みたての味覚が味わえるブルーベリー狩りが楽しめます。
  • ■鮎たれ醤油

    馬瀬川の天然鮎のエキスがたっぷり。玉子かけご飯にもおススメ!

源流の村

渓流釣りの名人が「魚は森を見てとれ」と言うとおり、馬瀬川の鮎と美しい村には深い関係があります。森は湧水を生み、魚の棲み場や餌となる昆虫を生み、水と土は川に流れてプランクトンやコケを育てます。

岩屋ダム

東海三県の水瓶「岩屋ダム」。馬瀬地域には名古屋を中心とした多くの人々に生命の水を届ける源流の村として、水源を守る矜持があります。

渓流魚付き保全林

馬瀬は森林面積が95%を占める山村。実にその1/4以上を魚を育てる「渓流魚付き保全林」に指定し、森を守る取り組みを行っています。

馬瀬の歳時記

春

村の祭礼 4月~5月にかけて各集落の神社で
     神楽獅子の奉納など、1年の豊穣と平安を祈る春祭り
「龍の瞳」・「まぜひかり」田植え体験 秋にはお米がついてくる♪
新緑がまぶしい季節(5月~7月)
沢のぼり・森のニンジャで森林冒険(5月~10月)
朴葉すし(5月~8月)
鮎釣り解禁(6月下旬)
蜂蜜の採集体験

夏

水源の森散策
夏秋トマト
ブルーベリー狩り(7月下旬~8月)
日本一の鮎を味わう(7月~10月)
 ・観光やなオープン・あゆまつり(7月)・アユ釣り大会(7月)
馬瀬川花火大会(8月下旬)
清流馬瀬川火ぶり漁(8月~9月)
鮎の網漁解禁(9月~)
「龍の瞳」・「まぜひかり」稲刈り体験

秋

紅葉散策(10月末~11月)老谷自然の森・清流大橋周辺、西村ダム・岩屋ダム
あったかまつり 馬瀬清流の里山ウォーク・地産地消イベント
赤かぶ漬け
飛騨の風物詩花もちづくり

冬

ねずし販売(12月~1月)
かんじきツアー(1月~2月)
馬瀬川上流アマゴ釣り解禁 雑魚解禁(2月下旬)
山菜の季節(6月まで)

馬瀬の自然と遊ぶ

馬瀬川の情報発信基地「フィッシングセンター水辺の館」

川遊びや魚つかみ体験、バーベキューなどが楽しめるほか、魚釣り教室をはじめ馬瀬川の伝統漁体験、グリーン・ツーリズムの各種受付を行っています。夏から秋には敷地内の観光ヤナで日本一の馬瀬鮎に舌鼓を打ったり、夜には火ぶり漁の炎が明々と揺れる幻想的な光景に包まれます。

渓流釣りや長期滞在の拠点におススメ!

  • カオレオートキャンプ場

    プライベート空間たっぷり、隠れ家のような雰囲気。郡上・高山・白川郷の長期滞在ベースとしても人気。
  • 老谷ささやき自然公園キャンプ場

    馬瀬川畔のブナの原生林に囲まれ、人里離れた仙人郷のような雰囲気。2階建てコテージが並びます。
  • オートキャンプ場すずし野

    馬瀬川のほぼ中央、目の前が馬瀬川、隣接して馬瀬川上流漁協の事務所があり、魚釣りの拠点として便利。
馬瀬地方自然公園見どころマップ

馬瀬地域の体験プラン・イベント

【岐阜の発見】下呂でプチ留学 大自然の中で国際交流
6~11月、外国人スタッフの滞在日程により
マウンテンライフ飛騨
おひとり様 8,000円

このプランの詳細はこちら

田舎で国際交流・留学体験! 語学習得には慣れが肝心

馬瀬の癒し

美輝の里ホテル美輝

ホテル美輝の温泉施設「スパー美輝」は飛騨最大級のお風呂が自慢。 内風呂、露天風呂、サウナ、箱風呂、打たせ湯など15種類のお風呂が楽しめます。高アルカリ性の良質な泉質はお肌もつるつるに。 高台にある露天風呂からは、夜には満点の星空が広がり、早朝には馬瀬川から立ち上がる川霜が山あいの集落を包んでいく幻想的な光景が見られます。

馬瀬川温泉の日帰り入浴プラン

【南飛騨・馬瀬川温泉】個室休憩 最大9時間半でゆったりのんびり日帰り温泉プラン<昼または夕食付きで4200円>2種類の露天風呂と15種類の温泉浴で温泉三昧
除外日:休前日、休館日、GW、年末年始、その他
美輝の里
大人おひとり様 4,200円

このプランの詳細はこちら

ゆったり日帰り温泉が楽しめるプラン◆昼食もしくは夕食が選べます♪通常2100円の定食コースが付いたお得なプランです
【南飛騨・馬瀬川温泉】個室休憩 最大9時間半で気兼ねなくのんびり日帰り温泉プラン<昼・夕食付きで5300円>2種類の露天風呂と15種類の温泉浴で温泉三昧
除外日:休前日、休館日、GW、年末年始、その他
美輝の里
大人ひとり様 5,300円

このプランの詳細はこちら

温泉旅行気分が楽しめる日帰りプラン◆個室休憩室、昼食と夕食、タオル・浴衣がついていてお得に一日を過ごしていただけます

馬瀬への交通アクセス

下呂温泉から国道41号線・国道257号線を経由して約15km、30分
JR高山本線「飛騨荻原駅」から濃飛バスで約30分
   
  ・中央自動車道「中津川IC」より約1時間30分(約80km)
・東名・名神高速道路「小牧IC」より約2時間(約100km)
・東海北陸自動車道「郡上八幡IC」より約1時間30分(約40km)、「高山西IC」より約60分(約50km)