• いごこち満点。ふくい

  • いごこち満点。ふくい
  • いごこち満点。ふくい
  • いごこち満点。ふくい

福井市まっぷ

出発地: 目的地:

福井市の魅力

一乗谷・東郷

一乗谷

銅像

多くの大名が争いを続けていた戦国時代。当時の福井は朝倉一族の一乗谷を中心に栄えていました。塀に囲まれた重臣の屋敷が山際に並び、計画的に造られた道路をはさんで、武家屋敷や庶民の町屋が成形されていた様子がリアルに再現されています。
また、東郷地区は、戦国時代に越前の国東郷城(現在は槙山城と呼ばれる)を中心に城下町を形成し、江戸時代には、大野街道、東郷街道の宿場町、在郷町として発展しました。現在も町の中央に、当時の面影を残した水路が流れています。

越前海岸

越前海岸

福井の西端を南北に伸びる「越前海岸」は魚介類の産地です。寒暖の差が激しい海で育った魚の味は格別。更に港と町の距離が近いため、新鮮なままの美味しさが味わえます。また「塩ウニ」や「もみわかめ」といった特産品だけでなく、海岸沿いで見ることができる「奇岩」や「波の花」、冬の名物「越前水仙」なども見どころです。

まちなか

まちなか

江戸時代の福井は徳川家と親戚関係にある、越前松平家を藩主とする「福井藩」によって治められました。藩祖・結城秀康の建設した「福井城」とその城下町は、現在に至るまで福井市の中心街として発展し、街中にはかつての姿をうかがわせる史跡なども残されています。

たいけんプラン