TOP » 映画「半分の月がのぼる空」ロケ地を巡るツアー

旅の発見 スペシャルコンテンツ

日本中の涙を誘った、140万部発行の純愛小説の聖地を巡る!

映画「半分の月がのぼる空」ロケ地を巡るツアー

半分の月がのぼる空

――“ずっと”の気持ちに今日、出会いました。
【映画のあらすじ】普通の高校生・裕一は、入院した病院で心臓病を患った美しい少女・里香と出会う。
長期入院のため人との距離感が掴めない彼女のワガママに振り回されながらも次第に心魅かれていく裕一。
里香もまた、外の世界を見せてくれる裕一に思いを寄せていく。
一方、2人が入院する病院の医師・夏目は医者でありながら最愛の妻を救えず失意の中から脱け出せずにいた…。
きらきらと今を生きる二人が願う“ずっと”一緒にいたい想い。
時を止めたまましか生きられない男の“ずっと”忘れられない想い。
それぞれの想いが向き合った時、物語は思いもよらない展開へと進む。
――あなたにとって“ずっと”って何ですか?

【限定グッズ付!】半分の月がのぼる空<オフィシャルスタンプラリー>@伊勢

“半月”の世界観を実感できるツアーを開催!

「半分の月がのぼる空」(半月・はんつき)の舞台は、原作者の出身地である三重県伊勢市。原作のみならず、アニメ化の際にも、実在する町並みや場所などがリアリティたっぷりに描かれ、今ではファンの間で聖地とされ、伊勢を巡る熱心なファンも多いという。そして、映画の撮影でも、伊勢を中心にロケが敢行された。そこで、原作のファンはもちろん、映画ファンも大満足の、ロケ地を巡りツアーを開催。物語の主人公・裕一と里香が純愛を育んだ街の雰囲気をたっぷりと味わうことができる。

映画「半分の月がのぼる空」のロケ地をじっくり巡礼!

虎尾山
「砲台山のシーン」
作品中、里香と亡くなった父との思い出の場所として、重要な役割を果たす砲台山。そのモチーフとなった虎尾山に1日目と2日目の2日にわたって訪れる。1日目には、ライトアップされた虎尾山で、伊勢の夜景を一望。裕一と里香が夜に病院を抜け出して山頂に上ったシーンさながらのロケーションが広がる。
しんみち商店街
「伊勢の街並みのシーン」
アニメ版の第1話で、夜に病院を抜け出した裕一が歩いている商店街の風景の元になったのがこちらの商店街。JR・近鉄伊勢市駅の近くにあり、地元の人たちに愛されているアーケードの商店街だ。映画の撮影でも、裕一と里香が2人乗りをした原付や自転車で通りを駆け抜けるシーンが撮影されている。
河崎
「世古口家・雨宿りのシーン」
伊勢市の中心部を流れる勢田川沿いは、古い建物が軒を連ねている。このレトロ感たっぷりのロケーションの中、裕一の親友・世古口司の家として、明治後期の古い町屋を利用した「暮らし体験南町の家」で撮影が行われた。また、江戸中期創業の商家の建物を利用した「伊勢河崎商人館」前で、雨宿りのシーンも撮影。
まんぷく食堂
原作でも紹介されている地元で有名な定食屋。全国の半月ファン憧れの老舗である。そして、こちらの人気メニューが、からあげ丼。今回は、参加者の方に人気のからあげをつまんでいただきながら店内を見学していただきます!ツアー参加者専用の「ノート」をつくり、まんぷく食堂に贈呈します。
皇學館大學
「大学入試・合格発表のシーン」
映画の中で登場する入試のシーンは、こちらの大学でロケが行われた。雨の中、屋上から雪を降らした大掛かりな撮影だったという。また、キャンパス内のロータリーでは、合格発表のシーンも撮影された。
伊勢神宮
伊勢に訪れたら、ぜひ足を運びたいのが伊勢神宮だ。今回のスケジュールには、伊勢神宮(内宮)の参拝も含まれている。今、好きな人がいるという人はもちろん、これから恋がしたいという人も、裕一と里香にあやかり恋愛成就を願って、お参りしよう(彼氏、彼女がいる人は永遠の幸せを誓って参拝を)!

このツアーだけの特典や特別プログラムが満載!

今回のツアーでは、ロケ地めぐりのほか、主演の池松壮亮さん、忽那汐里(くつなしおり)さん、深川栄洋監督、原作者橋本紡先生によるプレミアムイベントの参加や、その後の立食パーティー、虎尾山でのファンイベントなど特別プログラムを実施。ムード満点の虎尾山ライトアップイベントも!また、原作の挿絵を描いた山本ケイジ氏による映画公開記念イラスト(左のイラスト)が描かれたオリジナルグッズ(クリアファイルと缶バッヂ)も見逃せない!

“ずっと”の気持ちをおいてきたら、“きっと”叶う!

虎尾山では、このツアーならではの「想いをカタチにする儀式」を行います。ずっとの想いを虎尾山の頂上においてくるための、ファンの足跡を残せるイベントを開催します。 どんな内容かは、決定次第、申込ページにアップいたします。お楽しみに!

※予約受付は終了しております。

2月13日(土) 伊勢市駅~皇學館大学~プレミアムイベント~立食パーティー@伊勢観光文化会館~虎尾山ライトアップ見学
2月14日(日) 伊勢市駅~河崎~しんみち商店街~月夜見宮~おかげ横丁・おはらい町(各自昼食)~伊勢神宮(内宮)~虎尾山~まんぷく食堂(錦水橋・すのこ橋・小田橋)~伊勢市駅
映画「半分の月がのぼる空」ロケ地を巡るツアー ※予約受付は終了しております。 【限定グッズ付!】半分の月がのぼる空<オフィシャルスタンプラリー>@伊勢

おすすめプログラム

原作は発行部数140万部を超える橋本紡の人気小説。主人公の少年・裕一と不治の病に冒された少女・里香との出会いを描いた純愛作品。驚異的な大ベストセラーとなり、漫画化やアニメ化、ドラマ化もされた。

今回の映画化でのキャストは、裕一に『砂時計』(08)など、着実にキャリアを重ねている若手実力派俳優・池松壮亮。里香には「ポッキー」のCMキャラクターで注目を集め、『BECK』でもヒロインを努める新星の女優・忽那汐里(くつな しおり)。

また、2人が入院する病院の医師である夏目には『アフタースクール』などで唯一無二の存在感で物語に奥行きを与えた大泉洋。そして、監督は『60歳のラブレター』で生き生きとした人物描写で高い評価を得た深川栄洋監督。

三重県伊勢市の全面バックアップのもと撮影が行われ、原作の世界観をそのままに、美しい感動の名シーンをスクリーンで楽しむことができる。

2010年4月シネセゾン渋谷ほか全国ロードショー!

出会うこと、別れること。恋をし、愛し合って、失って‥さまざまな“ずっと”が描かれた珠玉のラブストーリー。
人には人の数だけ“ずっと”の想い。その想いがあなたの胸から溢れてくる。
人が人を想う気持ちを丁寧に綴った『半分の月がのぼる空』。原作は発行部数が140万部も越える橋本紡の人気小説。原作者の出身地である伊勢市の全面バックアップのもと、小説の世界観をそのままに、美しい感動の名シーンをフィルムに焼きつけました。
裕一には『砂時計』(08)など着実にキャリアを重ねている若手実力派俳優・池松壮亮。里香には「ポッキー」のCMキャラクターで注目を集め、『BECK』(10年秋)でもヒロインを務める新星の女優・忽那汐里。また夏目には『アフタースクール』など唯一無二の存在感で物語に奥行きを与えた大泉洋。主題歌は今女性を中心に支持を得ている阿部真央が「15の言葉」を提供した。そして、メガホンをとるのは、いきいきとした人物描写で高い評価を得た『60歳のラブレター』の深川栄洋監督。観終わったあとには、温かい涙がこぼれ、大切な人に会いたくなる、ラブストーリーが誕生しました。

『半分の月がのぼる空』
(C)2010 映画「半分の月がのぼる空」製作委員会

2010年4月 シネセゾン渋谷、池袋テアトルダイヤほか全国ロードショー!!
映画「半分の月がのぼる空」公式サイト   http://www.hantsuki-movie.com/

出演:池松壮亮 忽那汐里・大泉洋

原作:橋本 紡(アスキー・メディアワークス/電撃文庫刊)  監督:深川栄洋(『60歳のラブレター』『真木栗ノ穴』『狼少女』)
脚本:西田征史(『ガチ☆ボーイ』ドラマ「魔王」)  主題歌:「15の言葉」阿部真央(PONY CANYON)

文/P.M.A.トライアングル

【お知らせ】

原作の「半分の月がのぼる空」でも、映画の「半分の月がのぼる空」でも象徴的な場所として、登場する「砲台山」のモデル“虎尾山”が、先日の台風18号で、登頂ルートが崩壊してしまいました。
以前より「虎尾山」の清掃活動など、精力的に「虎尾山再生活動」をして頂いている自利利他さんが、「虎尾山復興」に向け、義援金を募り始めました。 是非、皆様の温かいご協力を頂けたらと思います。
【義援金のお願い】
自利利他 義捐金募集エントリー:http://jiririta.blog52.fc2.com/blog-entry-435.html

伊勢志摩のプログラム特集

三重県/日本一狭い!?答志島の路地裏でつまみ食い

三重県/日本一狭い!?答志島の路地裏でつまみ食い

珍しい魚介をつまみながら路地裏散策から海女小屋での食事体験まで

三重県/「江戸川乱歩ゆかりの地&城下町・鳥羽」街歩き

三重県/「江戸川乱歩ゆかりの地&城下町・鳥羽」街歩き

見どころの多いエリアを地元を熟知したガイドの案内で満喫できるプログラム

三重県/海女小屋で海女さんが料理した新鮮魚介を味わう”(田舎風ランチ付)

三重県/海女小屋で海女さんが料理した新鮮魚介を味わう

波の音が耳に心地よい絶好のロケーションで、生きた海女文化を思いっきり体験してみよう!