TOP » 森林セラピー®を体験しよう!»山形県・小国町/森林セラピー基地「白いブナの森」温身平~マタギの森の知恵~

旅の発見 スペシャルコンテンツ

注目のフィトンチッドでリラックス効果も抜群!森林セラピーを体験しよう!

森林セラピー基地「白いブナの森」温身平 ~マタギの森の知恵~

山形県/小国町

飯豊・朝日連峰に囲まれた山間の町・小国町は、町土の9割以上が森林という自然豊かな場所。また、森の大部分がブナやミズナラを中心とした広葉樹であることも注目したい点。「白い森の国」とも呼ばれる小国町だが、冬の雪の白さとブナの幹の白さからこの名がつけられたという。

ブナやミズナラの茂る原生林を歩く

温身平の森林セラピーロードには、樹齢250~300年を超えるブナやミズナラが立ち並ぶ天然の林が広がる。玉川の清流を聞きながら歩けるので、耳からの癒し効果も十分。「けもの歩道」と名づけられた、原生林感覚を堪能できる森の中の小道にも歩を進めてみてよう。巨木のほかに、枝がねじれたり、倒れ掛かったりした木を目にすることもできる。

マタギ文化に触れる

独自のマタギ文化でも知られる小国町。古くからの山の技術を守り伝える「山のプロ」であるマタギは、秋田県のものと思っている人も多いが、ここ小国町のマタギは400年以上の歴史を持ち、今も現役が大勢いる。彼らマタギたちが、森林セラピーアテンダントとして付き添ってくれるのも小国町ならでは。

今回のプログラム

森林セラピーコース「山形県小国町(オグニマチ)」

特別な時間が流れている森の世界へ、あなたをご招待いたします。

森林セラピーコース「山形県小国町(オグニマチ)」

このプログラムに参加するには…

森林セラピーコース「山形県小国町(オグニマチ)」

特別な時間が流れている森の世界へ、あなたをご招待いたします。

森林セラピーコース「山形県小国町(オグニマチ)」

撮影/若林純