TOP » 森林セラピー®を体験しよう!» 沖縄県・国頭村(くにがみそん)/森林セラピー基地「亜熱帯林と珊瑚礁」やんばる・命薬の森~異国情緒あふれる南国の森を歩く~

旅の発見 スペシャルコンテンツ

注目のフィトンチッドでリラックス効果も抜群!森林セラピーを体験しよう!

森林セラピー基地「亜熱帯林と珊瑚礁」やんばる・命薬の森~異国情緒あふれる南国の森を歩く~

沖縄県/国頭村(くにがみそん)

沖縄本島の北端部に位置し村の東側は太平洋、西側は東シナ海に面する国頭村。村中央部の「やんばるの森」は本島最大の原生林で、沖縄の水源地としても重要な役割を持つ森だ。この森には天然記念物の「ノグチゲラ」「ヤンバルクイナ」「ヤンバルテナガコガネ」などの貴重な鳥や昆虫も生息しいて、本土に比べて生物多様性が非常に高い森といえるだろう。

南国の植物が生い茂る森を探検

森林セラピーの舞台となる与那覇岳の森を、国頭村では「命薬(ぬちぐすい)の森」と名付けている。「命薬」とは沖縄の言葉で、食べ物が人間の命を守り、命を養っているという意味。沖縄ならではの森林セラピーを目指し、村では「命薬の森ガイド」だけでなく、来年からは「命薬(ぬちぐすい)の森の宿」も認定する。

真っ青な海に癒される

村では、森だけでなく海や食べ物など沖縄そのものを満喫できる、独自のセラピーメニューを提供する予定だ。例えば、引き潮の時間なら、サンゴ礁(イノー)の潮溜まりで磯遊びをすることも可能だ。

今回のプログラム

国頭村(くにがみそん)があなたに送る森林セラピー

森林セラピー基地として沖縄県で唯一認定された国頭村。大自然の恩恵を受けながら歩く森林セラピーロードで、心と身体にやすらぎと癒しを。

国頭村(くにがみそん)があなたに送る森林セラピー

このプログラムに参加するには…

国頭村(くにがみそん)があなたに送る森林セラピー

森林セラピー基地として沖縄県で唯一認定された国頭村。大自然の恩恵を受けながら歩く森林セラピーロードで、心と身体にやすらぎと癒しを。

国頭村(くにがみそん)があなたに送る森林セラピー

撮影/富山義則