TOP » 山梨県/「富士山トレッキング」お中道巡り

旅の発見 スペシャルコンテンツ

今なお、ガラガラと音をたてて崩れる「大沢崩れ」を目指す

「富士山トレッキング」お中道巡り

標高3776mを誇る日本の最高峰・富士山。その五合目、標高2400mあたりに、かつて富士山に3回以上登頂した者だけに歩くことが許された信仰の道「お中道」がある。今年大人気だった「富士登山」は7月上旬から8月下旬までと短い期間だが、「お中道」は10月下旬まで歩く事ができる。往復約8kmのトレッキングコースの行程は、植物の生えない溶岩の道も楽しめるが、道のりの大半が緑あふれる森を歩く。最大の見せ場は、岩の滝と呼ばれ、いまも崩落を続ける「大沢崩れ」。他にも雪崩により倒木した荒々しい森を見ることができるのも魅力。とはいいつつも、女性や子供でも気軽に歩ける整備されたトレッキングコースなので、富士山の違った魅力が再発見できるはず。今回は、富士山を撮り続ける写真家の栗林秀旭さんのガイドで、ストリートブランド「プロジェクトSR'ES」のプレス・奥村龍一さんがツアーに参加。

自然の猛威を感じられる森

「大沢崩れ」に向かう途中、倒木だらけの異様な光景が広がる森がある。ここは山頂からの雪崩が多く、それによって木々が倒れされてできたもので、「ゆきしろ」と呼ばれる。数え切れない木々が横倒しになっている様は大迫力。大自然の厳しさを実感できる。視界が開けているため、雲の合間から山頂を望めることも。

崩落を続ける大沢崩れの大迫力!

思わず後ずさりしたくなる断崖の光景が広がる「大沢崩れ」。富士山の山体の真西面側にある大規模な侵食谷で、いまも落石が続いている。崩壊は約1000年前からで、現在でも1日で10tトラック約28台分に相当する量の崩壊があるという。ロープが張られた安全なエリアから見学可能なので安心。

ココにも立ち寄りたい!


今回のガイドをしてくださった栗林さんの奥さんが営む精進湖畔に位置するカフェ&ギャラリー。店内では、栗林さんが撮影した「三つ子富士」などの写真が展示・販売されている。煎りたてひきたてのコーヒー(\450~)や軽食が楽しめる。窓からは大室山を抱きかかえる「子抱き富士」の美しい景色が眺められる。
写ば写ば 茶崙(サロン)
住所:
山梨県南都留郡富士河口湖町精進257-1
電話:
0555-87-2027
営業時間:
8:00~17:00
休み:
水・木曜
席数:
16席
駐車場:
あり
アクセス:
富士山五合目から車で約20分の精進湖畔

今回のプログラム

お中道・奥庭・御庭・大沢崩れコース

天と地の境地を味わう、お中道巡り、いまも崩落を続ける大沢崩れの大迫力!!

お中道・奥庭・御庭・大沢崩れコース
※このプログラムは終了しています。

プロフィール(レポーター)

「プロジェクトSR'ES」プレス 奥村龍一さん

2000年ハワイにセレクトショップをオープンさせ、2001年より日本で展開。
独創性と洗練されたデザインで注目を集め、有名アーティストのコラボアイテムなどで注目のファッションブランドのプレス。今回、「旅の発見」とのコラボアイテムのウインドブレーカーを着用して参加。

http://www.projectsrs.jp

プロフィール(ナビゲーター)

写真家 栗林秀旭さん

富士山をこよなく愛する写真家であり、富士河口湖町公認のネイチャーガイドも務める。
豊富な自然の知識を織り交ぜながらの軽妙なトークが魅力だ。自宅は青木が原樹海にある民宿村にあるそう。1999年に、写真集「[富士]神々の聖域」(2625円)を出版。

レポートムービー

ガイドの栗林さんの説明で、植物や生物などについて学ぶことができる

雄大な雲海の景色は感動もの。晴天時には南アルプスの山々もハッキリ見られる

かつて「岩の滝」と呼ばれ恐れられた「大沢崩れ」。砂煙を上げながら岩が落ちてくる

崩落する岩を偶然にも撮影。「ゴロゴロ」と勢いよく転げ落ちる岩の音だけが響き渡る

取材・撮影/P.M.A.トライアングル

このプログラムに参加するには…

お中道・奥庭・御庭・大沢崩れコース

天と地の境地を味わう、お中道巡り、いまも崩落を続ける大沢崩れの大迫力!!

お中道・奥庭・御庭・大沢崩れコース
※このプログラムは終了しています。