TOP » 神々の息吹きが聞こえる島 トカラ列島に行ってみませんか?

旅の発見 スペシャルコンテンツ

神々の息吹きが聞こえる島 トカラ列島に行ってみませんか?

屋久島と奄美大島の間に浮かぶ、有人7島・無人5島の島々、鹿児島県のトカラ列島。のんびりとフェリーに乗って行くと、そこには雄大な手つかずの自然、天の川も肉眼ではっきりと見える澄んだ空、温泉、何よりも旅人を温かく迎えてくれる島の人たち。都会に住む人たちに、忘れていたものを思い出させてくれる島です。平家が落ち延びた島、キャプテン・キッドが財宝を隠した鍾乳洞などさまざまな伝承が残っており、悪石島では「ボゼ祭り」というユニークな祭祀が今も受け継がれているなど、トカラの島々はのどかながらもどこか神秘的な空気をたたえています

  • 世紀の天体ショー 2009年 皆既日食
  • 7つの有人島をご紹介 トカラの島々
  • スペシャルツアー トカラに行こう!
  • 作品募集中! トカラ列島フォトコンテスト

2009年 皆既日食 7月22日・世紀の天体ショー

2009年7月22日には、天文ファンのみならず多くの方々が、「世紀の天体ショー・皆既日食」に釘付けとなりました。あいにく本村では悪天候のためダイヤモンドリングを見ることはできなかったものの、約6分間、トカラ列島が「神秘の闇」に包まれました。

残念ながら悪天候のために、太陽の満ち欠けやダイヤモンドリングを観測していただくことはできませんでしたが、各島での交流会やオプショナルツアーを通して、「トカラ皆既日食」を、「十島村」を、満喫して頂けたのではないでしょうか。これも一重に住民の皆様をはじめ、多くの関係機関の皆様のご理解ご協力のおかげであったと考えております。(十島村長 敷根 忠昭)

トカラの島々 7つの有人島をご紹介

島名をクリックすると、詳しい説明をご覧いただけます。

  • 口之島
  • 中之島
  • 平島
  • 諏訪之瀬島
  • 悪石島
  • 小宝島
  • 宝島
トカラ列島

口之島 トカラ列島最北端、野生牛遊ぶ火山の島

鹿児島港を出港した村営船「フェリーとしま」が最初に到着する十島村の玄関口。トカラ列島の最北端に位置し、今も水蒸気を吐き出す燃岳に象徴される火山島です。島のほぼ中央にそびえる前岳(628m)山麓に広がる原生林からセランマ温泉辺りにかけて、野生牛(黒毛和牛原種)の姿が見られます。また、前岳のやや西に位置する横岳(501m)には、山頂まで舗装道路が延び、トカラの島々を臨むことができます。

口之島
  • 口之島
  • 中之島
  • 平島
  • 諏訪之瀬島
  • 悪石島
  • 小宝島
  • 宝島
トカラ列島

中之島 トカラ列島の中心的役割を担う島

中野島港近くに役場の支所が置かれ、面積、人口ともに十島村で最大の島。島の中北部にそびえるトカラ列島最高峰の御岳(979m)は登山もでき「トカラ富士」の愛称にふさわしい美しい稜線の山です。麓の高原には鹿児島県天然記念物のトカラ馬が放牧され、ゆったり草を食む姿が見られます。近くの天文台には、九州最大級の60センチ反射望遠鏡を備えており、澄んだ空気のなか素晴らしい天体ショーが観測できます。

中之島
  • 口之島
  • 中之島
  • 平島
  • 諏訪之瀬島
  • 悪石島
  • 小宝島
  • 宝島
トカラ列島

平島 平家伝説ゆかりの史跡と大自然に彩られた島

トカラ列島中央部に位置し、トカラに平家の落人が最初に流れ着いた地とも伝えられています。東部海岸の崖下には「平家の穴」と呼ばれる平家伝説ゆかりの洞窟があり、そのほか各所に追っ手を監視する望楼の名残といわれる史跡も残されています。数多くの昔ながらの習俗が最も守り続けられており、祭りなどもすべて旧暦で行われています。中世の頃から続く元服の儀式が、今も当時の形式をほとんど変えずに行われているのは平島だけです。

平島
  • 口之島
  • 中之島
  • 平島
  • 諏訪之瀬島
  • 悪石島
  • 小宝島
  • 宝島
トカラ列島

諏訪之瀬島 自然の力と開拓者が織りなす島の力

十島村の中で2番目に大きい島です。御岳(799m)は今も活発に噴煙をあげています。御岳は過去に幾度となく大噴火を繰り返してきました。文化10年(西暦1813年)の大噴火でほとんどの人家は消滅し、全島民が避難したため、約70年間は無人島となりました。明治期に入り、奄美大島出身の藤井富伝らが入植し開拓しました。しかし、そんな厳しい自然状況でも北西部の溶岩台地にはマルバサツキが群生し、春になれば一面ピンクの花を咲かせます。

諏訪之瀬島
  • 口之島
  • 中之島
  • 平島
  • 諏訪之瀬島
  • 悪石島
  • 小宝島
  • 宝島
トカラ列島

悪石島 神々の訪れる島。祈りが心の原動力になる

周囲を断崖絶壁に囲まれた悪石島は、仮面神ボゼに象徴される神々の島です。仮面神ボゼに象徴されるだけでなく、島内各所に神々がまつられ、島民は日々の平穏へ祈りを捧げます。島内のうっそうと茂った亜熱帯性の植物群も大切に保護され、「神山」として聖地の扱いを受けています。また温泉にも恵まれ、港から徒歩20分ほどの海岸近くには男女別の風呂がある湯泊温泉、海岸の岩間に沸き出る海中温泉、地熱を利用した砂蒸し風呂があります。

悪石島
  • 口之島
  • 中之島
  • 平島
  • 諏訪之瀬島
  • 悪石島
  • 小宝島
  • 宝島
トカラ列島

小宝島 風化した奇岩がそそり立つミステリアスな小島

宝島の北東約16kmにある隆起サンゴ礁でできた周囲約4kmの小さな島。アダンやソテツが生い茂り、道路わきにはハイビスカスが咲き乱れる亜熱帯情緒あふれる島です。一番高い山でも標高103mという平坦な島で、30分も歩けば島一周でき、海上から見ると妊婦さんのように見えます。立神と呼ばれる多くの奇岩が海岸線にそびえ立ち幻想的な景観を織りなし、中でもウネ神、赤立神などは見ごたえがあります。

小宝島
  • 口之島
  • 中之島
  • 平島
  • 諏訪之瀬島
  • 悪石島
  • 小宝島
  • 宝島
トカラ列島

宝島 宝島伝説に彩られた浪漫と景観の島

トカラ列島の有人島では最南の島で、隆起サンゴ礁でできたハート形をした島です。その名のとおり、昔イギリスの海賊、キャプテン・キッドが財宝を隠したという言い伝えがあり、財宝を隠したといわれる鍾乳洞もあります。
実際に国内外から多くの探検家や賞金稼ぎが訪れたといわれ、歴史的にみても、宝島というネーミングにふさわしいロマン溢れる島です。またサンゴ礁に囲まれた海のエメラルドグリーンと白い砂浜のコントラストが美しいです。

宝島

トカラに行こう! スペシャルツアー

フェリーとしま~島唯一の交通手段
“刻を忘れさせる島”にあって、時刻を思い出させてくれる。島唯一の交通手段です。各島では物資の受け取りのために、船の到着に合わせて島民が港に集まります。季節によっては、運がよければ船と併走するイルカや、飛び魚が飛ぶ姿が見られるかも。狭い港内におけるターンなどの操縦テクニックは、大型客船の航海士もビックリするほど。
フェリーとしま

羽田発・トカラ列島最南端「宝島」に行こう!ツアー(4日間)

羽田発・トカラ列島最南端「宝島」に行こう!ツアー(4日間)

宝島はトカラ列島の有人島では南端に位置しており、隆起したさんご礁でできたハート形をしています。その名のとおり、昔イギリスの海賊、キャプテンキッドが財宝を隠したという言い伝えがあり、財宝を隠したという鍾乳洞もあります。サンゴ礁に囲まれた海のエメラルドグリーンと白い砂浜のコントラストの美しさは圧巻です。

※9月8日から大人96,000円~144,000円を71,000円~119,000円に値下げしました。

催行期間
7月31日~11月6日の土曜出発 (全7出発日)

価格
大人71,000円~119,000円
小人67,000円~115,000円
幼児無料

  • 8・9月出発はこちら
  • 10・11月出発はこちら

ご注意
天候不良によりフェリーが欠航する場合があります。欠航の場合は、代案として加計呂間島を提案させていただきます。その際は料金が増額になる場合がございますのであらかじめご了承ください。


トカラ列島 フォトコンテスト

あなたが写したトカラの島々の魅力ある写真を大募集!

昨年2009年は皆既日食の舞台となった鹿児島県十島村・トカラ列島。
今年は魅力ある雄大の自然を余すところなく皆さんのカメラにおさめていただき、
「思わずトカラに旅したくなる」自信の1枚をふるってご応募ください。
入賞の皆さんには十島村特産品、CASIOデジタルカメラ、KNT旅行券など豪華賞品をご用意しております!

応募要項はこちら